いらない服は捨てないで!売ってお小遣いをGETしよう

服を処分する人のための総合サイト

買取サイトはどう選ぶか

断捨離をしてみて、処分に困るものの代表が服です。
ほかの「いつか使えそうだけれど、とっておこう」と思っていたものは、なんとか処分できても、服はなかなか捨てられません。
服は思い出と関連していることも多く「あのときに着ていった思い出の服」とか、「お気に入りの色」とかでつい、とっておきたくなります。
また「ブランドものの服なら高く売れるのだろうけれど、自分の持ってる服はノーブランドだし」とあきらめてしまっている人も多いように思います。
しかし、もう着ない服は、売るか処分してしまう方がよいでしょう。
デパ地下のある売店で、3種類の商品をおいて販売していたときと、10種類の商品を販売してたときを比べると、3種類の商品を販売していたときの方が売り上げがよかったという話もあります。
選択肢が多くなるとかえって判断できなくなってしまうのです。
スティーブジョブズはいつもジーパンとTシャツでプレゼンをしていました。
人が一日で判断できることは限られています。
大企業の経営者ともなると重大な判断の連続ですので、服を選ぶのに判断力を使うのを嫌ったのでしょう。
なので、もう着ない服は、売ってしまって部屋をすっきりさせた方が、ほかの色々なことを判断できるようになり、効率が良くなります。
そうなると、「どうすれば少しでも高く売ることができるか」が気になりますよね。
「査定金額には納得していないけど売ってしまった」「個別返送ができず、すべて査定にも納得できなかったので、すべて返品してもらった」などの声もあります。
この記事では、いらない服の処分方法についてまとめます。

いらない服は処分する

近年では服を買い取ってくれるサイトが増えてきました。 安いと思っていた服が思わぬ高値で売れたり、逆に高く売れると思っていたものが安くてがっくりすることもあります。 このページでは、優良買取サイトがどのようなサイトなのか、またサイト選びのポイントについてまとめます。

いらない服をどうやって処分するか

いらない服を処分する方法はいくつかあります。 すぐに思いつくだけでも「資源ごみに出す」「寄付する・リサイクルショップに持ち込む」「宅配買取に出す」「フリマアプリを利用する」などがあります。 このページでは、それぞれの方法についてメリット・デメリットについて考えます。

いらない服を人にあげてしまう

いらない服を処分する方法は、売ることや捨てることだけではありません。 人に譲ってしまうというのも、方法のうちの一つです。 人に譲るのは実は見返りが期待できます。 このページでは、いらなくなった服を人にあげてしまうことのメリットについてまとめます。